現役弁護士・修習生の方へ

求人 当事務所は、交通事故被害者救済に注力しています。特に、後遺障害分野では、卓越したスキルを有しています。交通事故案件は、弁護士ならば、どの事務所も普通に経験する案件ですので、交通事故案件に特化することに意味があるのかという疑問をお持ちの方も多いと思います。

 しかし、交通事故案件は、損害論の中核をなすものです。普通の法律事務所では、交通事故案件は、年間せいぜい1、2件の依頼がある程度であるのが普通で、それも、比較的軽微な事案であることが多いと思います。
 これでは、十分な経験を積むことはできません。特に、近時の保険の内容は、各社ごとかなり違っており、どのような保険に入っているかなどの正確な知識は、多数の案件を経験しないと習得できません。

交通事故と表裏一体の医療問題

 また、私自身、交通事故案件は、実は、その裏に実質的な医療過誤問題が潜んでいるものと考えています。医師は、治療が仕事であり、後遺障害に関しては、無関心です。また、街の整形外科医の無責任体質は、目を覆うべきものがあります。外科や内科は、見落としで、人が死んでしまいます。しかし、街の整形外科は、救急で運ばれた病院が、処置した後の経過観察が仕事みたいなもので、投薬や湿布、理学療法士任せのリハビリがなされるだけです。命にかかわることはありませんせんので、そこには、見落とし、不適切処置が蔓延しています。後遺障害問題に関わる限り、医学的な理論武装は不可欠です。被害者救済の為には、医師の見落としを事前に発見、必要な検査の実施を促し、カルテの手抜きを発見し、指摘、時には、後遺障害診断書の書き方指導まで行う必要があります(正しい、計測の方法を知る医師は稀)。

 当事務所は、法律家でありながら、この医学的な分野に対してかなり踏み込んだ知識の集積を行っていることに特徴があります。定期的に開催する相談会には、医師も参加してくださっています。
 医師から見捨てられた感を持った被害者の真の声を拾い上げ、補償に繋がる活動を行っているからこそ、被害者の強い信頼を得ていると自負しています。

被害者側の弁護士として

 被害者側の弁護士は、保険会社側の弁護士とは、全くアプローチの仕方が違います。当事務所の弁護士は、弁護士登録当時、保険会社側の事務所で勤務していた者も複数います。彼らは、交通事故は、保険会社側で山ほど交通事故案件をこなしてきたので、交通事故分野は得意であるとの自負を有していたようですが、残念ながら、被害者側の弁護士として、技量は、全く、及ぶものではなく、当事務所での一からのスタートに等しい状況でした。保険側事務所で1年半、当事務所で1年半の経験を有するある弁護士が言うには、保険会社側事務所時代の3倍の能力向上効果があったとのことです。今では、自信に満ちた弁護士活動をしており、同期からも一目を置かれる存在になったとのこと。

 また、当事務所には、現在弁護士に依頼しているがセカンドオピニオンを求めての相談や、多数の弁護士に既に相談済みの方も相談に来られます。当事務所の相談レベルの高さ(特に後遺障害部門)に驚き、弁護士変更したいと相談されるに至って、うれしい話ですが、少々困る事態に陥ることが度々です。最初の相談者に対しても、「すぐにウチに依頼しなくてもいいと思いますよ。いろいろ相談まわられたらどうですか?」とアドバイスしますが、大抵の場合、茨木太陽さんの言っていることのレベルが他の事務所と格段に違うことが素人でもわかるという言葉を頂き、受任に至っています。

弁護士は、職人

 弁護士は、職人だと思っています。サラリーマン的な発想の方ではなく、真の職人気質を持った方の応募をお待ちしています。
 職人は、労働時間がどうのこうの言う世界ではないと思っています。日々が修行です。
 代表の黒田は、ほぼ、毎年、阪神タイガースの選手の契約交渉代理人を務めています。
 プロの世界はホント厳しいのです。実力の無い者は、なんらの評価をされることはありません。
 弁護士バッジを付けて、楽ないい条件での仕事をしたいと思われる方は(もっとも、ウチはタコ部屋ではありませんが…)、当事務所には不向きと思います。
 弁護士を付けての契約更改を行う日本人選手は、プロ野球12球団総勢でも30人もいません。
 関西では人気球団のタイガースの選手が複数出入りする事務所として、極めて、トラキチにはたまらない事務所となっています。
 多数の弁護士と知り合う機会のある有名野球選手が、敢えて、当事務所を選んでくれていることは、誠実に、プロとして仕事をこなすことへの信頼と考えています。
 なお、代表は、野球選手の他、元サッカー日本代表キャプテンの宮本恒靖さんの海外移籍交渉、八百長相撲問題での力士の弁護等、スポーツ関係の仕事の経験も有しています。

 また、代表は、最高裁弁論開廷の経験が3回あります。最高裁判所で弁論が開かれる機会を有する弁護士は稀です。ほとんどの弁護士が一生涯一度も最高裁に行くことなく弁護士人生を終えます。
 最高裁で弁論が開かれるということは、大きな制度変換を伴うものであり、弁護士にとっては、勲章ものです。
 そんな中、代表の黒田は、3度の経験を有しています。間違ったことに対しては、とことん戦うという職人気質の姿勢を貫いた結果だと思っています。

地域に愛される弁護士

 当事務所は、当時では珍しい郊外型事務所としてスタートしました。
 地域で頼りにされる弁護士として活動してきました。地域事務所では、地域の評判が命です。評判を落とせば、事務所の存続が危ぶまれ、逆に、評判が良ければ、放っておいてもクライアントが増えます。
 現在、大々的に広告を打って、広く、クライアントを集める大手事務所が増えてきました。私は、この種の事務所を大手事務所と呼ぶには正直抵抗がありますが、ビジネスライクな対応をしているところが極めて多いと感じています。
 地域事務所は、地域の方に頼りにされる一方、厳しい評価の目にさらされていることも忘れてはなりません。

 当事務所は、定期的に地方での交通事故出張相談を行っていますし、遠く地方からの事件依頼も有ります。地方の被害者は、「何でも屋の医師」、「なんでも屋の弁護士」に頼らざるを得ず、医療的にも法律的にも十分な専門的サービスの提供を受けることができていません。私どもの大阪相談会に、遠く、北陸や中国、中部地方から来られる方もいます。

 私どもは、今後、交通事故被害者救済の地域的なネットワークを広げていきたいと考えています。それ故、地方の方大歓迎です(むしろ、関西圏よりも地方の方の積極的な応募を期待しています)。当事務所で、数年修行をして、将来地元で活躍されることに対して積極的に応援していく所存です。「〇〇太陽法律事務所」が日本いたるところにあり、親や中高の友人が住む地元で、地元に頼られる弟子弁護士達の活躍を所長は、心より待ち望んでいます。

 人材育成のためには、時間とエネルギーを要します。大量採用をすることはできません。職人的な仕事で効率も悪く、決して財政的にゆとりがある事務所ではなく、大手顧問を有している事務所のような好待遇ではありません(当事務所は、一回一回が勝負と考えており、基本的に顧問契約をお断りしています)。しかし、志を高く持っている方は、是非、応募していただきたいと思います。あなたのお話をお聞きしたいと思います。

弁護士の求人について

  • 募集人数:若干名(66期、67期、68期、69期)。
  • 勤務地:原則として大阪府茨木市、京都市。

 その他、詳細については委細面談の上決定致します。

応募方法

 まずは当事務所宛直接お電話頂くか、次のエントリーシートからお申込ください。エントリーシートからお申込頂いた場合、追って弊所からご連絡差し上げます。

 なお、採用は代表弁護士の黒田が担当致します。

連絡先
072-652-0295
受付時間:平日9時30分~18時 / 「弁護士求人の件」とお伝えください。

エントリーシート

お名前 (必須):

メールアドレス (必須):

メールアドレス (確認用・必須):

連絡がつく電話番号 (必須):

登録状況 (必須):

略歴・現在の勤務先・勤務可能時期等簡単にまとめてお書きください:

 確認ページはございません。内容をご確認の上チェックを入れてください。

※エントリーシートからご連絡頂いた場合、弊所から追ってご連絡致します。