S__2244653
 本日は、タイガース小ネタではありませんが、宮本恒靖さんが、ガンバ新監督に就任し、初試合(引き分け)を終えたところで、タイガース小ネタ番外編として、宮本さんと私の思い出をアップさせて頂きます。

 宮本さんは、私がスポーツ選手代理人としてのデビューした人です(ボスの辻口弁護士のコバンザメ弁護士として)。私は、今まで、いろいろなアスリートと交流してきましが、ダントツで「頭がいい」というのが印象です。生野高校という大阪南部屈指の公立進学校出身(スポーツ推薦などない)。
 高校では、ガンバのユース第一期生として、ユース時代既に頭角を現し、数々の成績を残し、プロ契約。なのに、高校では、トップクラスの成績を維持し、スポーツではなく、学業での同志社大学経済学部入学。勉強一本ならば、おそらく、お父様と同じように東大に行かれていたと思います。富田林からガンバ練習場の吹田まで、片道2時間を通学の中、わざと各駅停車に乗り、電車の中で勉強していたとの事でした。話をしていても、「この子本当に大学生?」と思うほど、落ち着いていて、かつ、常に、目の前の事では無く、先というか上のレベルを見て行動していました。知性、品格、別格です。知能指数もかなり高いと思います。サッカー選手していなかったら、弁護士目指していたとの事。弁護士になっていたら、私など足下にも及ばない優秀な弁護士になっていたでしょう。
「父は、司法試験していました」というので、長年、司法浪人していた人かと思えば、とんでもない、関西電力取締役さんでした。兎に角、彼の放つオーラがすごいのです。中学生徒会長、ユースキャプテン、代表チームキャプテンと皆から信頼されるのはわかります。

 気配りもすごいのです。3年ほど前、あるスポーツのボランティアイベントで宮本さんと偶然お会いしました。10数年ぶりの再会でした。翌年の年賀状、宮本さんの手書きで丁寧な年賀状を頂き、感動しました(字もとても達筆)。
 先日の初試合の試合の様子を見ても、その落ち着きぶり、「半端ないって!」という感じでしたね。大学生の頃からこんな感じでした。当時、私は、「この人は、
将来日本の代表監督になるのだな」と思っていましたが、改めて、将来の日本代表監督、そして、日本のチェアマン、更に、FIFAの偉い方になる人物だと思います。 宮本新監督頑張れ!! (写真は、2002日韓ワールカップの直後)