当事務所は、28日のお昼に忘年会をして一年を終了することが慣例となっています。忘年会を昼間にするのは、長い年月を経て、スタッフに主婦層が増えたことによります。先ずは、家庭を大事にして下さいというのが私の主義です(勤務時間内に宴会するいい事務所です)。
今年は、事務所開設15周年の締めくくりとして、プチ贅沢な京都160年の老舗料亭「左阿彌」を選びました。
円山公園内にあり、立派な庭園。お座敷から眺める風景は「雅」を感じます。

思えば、今年は、大変な年でした。大坂北部地震で、当事務所は、大きな被害を受けました。書類満載の高さ3メートルの連結キャビネットが倒れました。相当な重さで、購入間もないコピー機も歪んで、修理不能の全損。地震があと1時間半遅ければ、死者が出ていたでしょう。
年末で寿退社(北関東の方へお嫁に行かれます)をする事務員さんの席は、倒れたキャビネットが机を押しだし、もし、その席に座っていたら、お腹を壁と机に挟まれて内蔵破裂ということになっていたでしょう。人的被害が無かったので、今となっては、笑い話で「Kさん、あなたは、ケチャップ、ぐにゅの感じでしたね」と冗談を言えますが、お嫁に行く直前に大惨事になっていたかもしれません。それを想像すると本当に恐ろしくなります。
小雪舞う京都の趣ある景色を全く見ること無く、キャッキャと出てくる料理に夢中になっている、「花より団子」的思考スタッフを見ながら、こういう平和な忘年会を迎えられたこと心より感謝しました。
来年も皆健康で、平和な忘年会ができることを祈念して一本締めで締めました。

 
ps.茨木事務所、入居するビルがかなり壊れ、一時は、建て替えも噂されるほどでした。阪急阪神ホールディングスの物件なのですが、何度も検査して、構造上問題無く、補修で対応できるとのことに安堵を覚えました。もっとも、やっと、補修工事が始まったところで、皆様には、いろいろご不便をおかけするかもしれません。来年度も引き続きよろしくお願い申し上げます。