私の趣味は、省経費旅行です。この歳になっても青春18切符を使って、日帰りで金比羅参りしたりしています。最近は、ピーチ航空を使った旅も多く、タイガースの沖縄キャンプ見学したりするのにピーチ航空使ったりします。
先日、ある人から、どうして、学生でもあるまいし、そんな貧乏旅行が好きなのか?と尋ねられました。私は、即答、「趣味だからです。貧乏旅行ではありません。省経費旅行です。行程考える事が好きなんです」
鉄道ファンが、時刻表片手に、一番安く、合理的な鉄道旅を探求する(今は、スマホで検索かもしれませんが…)が如く、最低限の旅の満足を満たすことを前提に、最低限のコストを合理的に探求するのが好きなのです。
今回の旅の目的は、凍った海を体験するというものです。昨年就航したピーチ釧路路線。早期予約で土日利用なのになんと往復1万円(!)です。体が大きいので、非常口指定(わずか650円)すれば、ゆったりとした旅となります。
この企画に私の大学の同期で札幌で検事をしているA君が乗ってきました。どうも検事も偉いさんになると土日暇な様です(土日仕事すると部下が休めない。ごもっともです)。
心配された天候にも恵まれ、12時には、釧路到着。A君と合流し、車で3時間半程の野付半島をめざしました。夕暮れまでに到着しないといけません(関西より日暮れかなり早い)。昼食抜きで、3時半頃到着。
釧路
辺りは、もう、夕暮れが迫っているという感じで、観光客は誰もいません(というより、雪の足跡からして、その日の観光客は、数名と思われる)。海に突き出た遊歩道まで、雪に埋まりながら30分位進みました。海の遊歩道は、絶景でした。360度氷の世界。氷平線が見えます。氷点下3度の寒さにかじかむ手でしたが、いい写真撮れました。
きたきつね
夜は、ビジネスホテルの温泉入って、炉端焼きを楽しみ、釧路ラーメンで締めました。 
ラーメン
翌日は、チェックアウトまで、温泉を楽しみ、お昼の便で帰阪。夕方には、自宅着。リラックスできた週末を過ごせました。
皆様、冬の釧路なかなかよろしいですよ。お試しあれ。