おたくは、相手の代理人?

世の中、不合理なことだらけです。茨木太陽は、そんな所を照らし出し、世に訴えたいと思います。ぼやき漫才 人生幸朗さんが如く、茨木太陽がぼやきます。「ばか者!!責任者出てこい!!」
えっ!!人生幸朗(じんせい こうろう)さんをご存じない…。昭和漫才の大御所です。是非、YouTubeで検索ください。知らなきゃ損。
さて、本日は…

まあみなさん聞いてください。保険一括対応の期間は保険会社が決めた期間に過ぎません。これくらいのことは交通事故を少しでもやっていればわかる話です。一括対応終了後も、気の済むまで自腹で治療して後遺障害の申請をすれば良いだけのことで、一括対応の打ち切りに何ら動揺する必要はありません。しかし、弁護士の中には、それすらわかっていない先生がおられるのです。
私が弊社に入って初めて担当させていただいた案件のお話です。セカンドオピニオンが欲しいとのことで相談にこられた相談者は、広告をたくさん出して有名な巨大法律事務所の弁護士の先生から言われたそうです。「保険会社が一括対応を3ヶ月で打ち切ろうとしているから、後遺障害は諦めて示談したほうがいい」と。痛みは一向に改善しないのに、、、不安になって後遺障害は諦めて示談したほうがいいのですか?というもの。しかも、突っ込んで聞いていくと、その先生は依頼者の怪我の内容、受傷の起点についてロクに耳を傾けていないのでした。
このままでは相談者様が間違った方向に進んで示談してしまうと思い、相談者さんに一括対応の趣旨と、一括対応終了後の進め方について説明いたしました。幸い、その後、弊社にご依頼いただくこととなり、自費で治療を継続し、受傷の経緯について詳細に調査して後遺障害等級14級を獲得して保険会社に倍返しで幕を引きました。
しかし、十分に経験を積んでいない弁護士を放置して、数年したら使い捨てしている法律事務所には苦言を漏らさずにいれません。大きな事務所は、お客さんの集客は上手だけど、事件の処理は新人の弁護士が手探りで処理しているといのうはよく聞く話です。上述の先生も持てる知識の中でベストの回答をしたのでしょう。問題なのは勤務弁護士に任せきりにしている巨大法律事務所の構造にあります。責任者出てこい!!(と、まあ偉そうにモノを言わせてもらいましたが、堪忍!)

非常識な担当者

世の中、不合理なことだらけです。茨木太陽は、そんな所を照らし出し、世に訴えたいと思います。ぼやき漫才 人生幸朗さんが如く、茨木太陽がぼやきます。「ばか者!!責任者出てこい!!」
えっ!!人生幸朗(じんせい こうろう)さんをご存じない…。昭和漫才の大御所です。是非、YouTubeで検索ください。知らなきゃ損。

非常識な担当者

まあ皆さん聞いてください。
保険会社の担当者には事件を意図的に放置しているとしか思えない人が稀にいます。現在取り扱っている案件でもそうです。後遺障害獲得後、弊所より損害を提示し示談交渉を開始しましたが、一向に保険会社からの回答または対案提示がなく、心配になり連絡すると「もうすぐです」を繰り返します。埒があかないので示談斡旋に持っていって、担当弁護士の交通整理の結果、保険会社から期日間に提示することになりましたが、それでも提示してきまさん。期日間で何度も要請しましたが、まだ提示していません、これワザとやろ。これには、仏の〇〇(弁護士名は伏せさせて下さい)も、怒り心頭です。本当に次回の期日が楽しみです。提示がない場合は、私はかならず言います、貴殿の所属している部署における責任者でてこい!!

おまわりさん お仕事してください

世の中、不合理なことだらけです。茨木太陽は、そんな所を照らし出し、世に訴えたいと思います。ぼやき漫才 人生幸朗さんが如く、茨木太陽がぼやきます。「ばか者!!責任者出てこい!!」
えっ!!人生幸朗(じんせい こうろう)さんをご存じない…。昭和漫才の大御所です。是非、YouTubeで検索ください。知らなきゃ損。
さて、本日は…

過失割合の交渉

みなさん、聞いてください。当事務所、昔の依頼者の口コミで、過失割合について納得いかないという方がよく来られますが、その場合、肝心の実況見分調書が作成されていないのです。事情を尋ねると、事故後、警察官は当事者から少し話を聞いて「あとは当事者で話しあって」と言って、忙しそうにそそくさと帰るそうです。後日電話しても、ぶっきらぼうな対応で人身事故の届け出を諦めさせようとするので、届け出を出すのは非常に遠慮してしまう、とのこと。事故発生から間がない時点で作成される実況見分調書は、過失割合における争いにおいて非常に重要な証拠になるのです。警察組織は現場の警察官にそれを周知させ、積極的に実況見分を行うよう推奨して頂きたいものです。
今日は、相談者の方たちに代わって、人身事故の届け出が出しづらい常況になっていることに対して、ぼやきます。責任者出てこい!!

保険屋さん 勉強して人身傷害保険売ってね

世の中、不合理なことだらけです。茨木太陽は、そんな所を照らし出し、世に訴えたいと思います。ぼやき漫才 人生幸朗さんが如く、茨木太陽がぼやきます。「ばか者!!責任者出てこい!!」
えっ!!人生幸朗(じんせい こうろう)さんをご存じない…。昭和漫才の大御所です。是非、YouTubeで検索ください。知らなきゃ損。
さて、本日は…

もう裁判します!!

みなさん、聞いて下さい。
裁判せずに人傷先行払いで過失分の優先充当をしてもらう際のことです。支払いに先立ち、人傷社から協定書の作成を求められますが、この協定書が最悪です。というのも、協定書に、依頼者の損害賠償請求権を害しうる解釈のできる文言を協定書に入れてくるのです(ひどい時は、こちらの権利が移転するとも書いています)。こちらの味方のはずの人身傷害保険社が、契約者より自社の求償権を優先しているのです。人傷社に協定書の文言をこちらの権利を害しない範囲で移転するという文言にしろ、といっても、担当者は上司決済がおりません、とか、ひどい時は担当者のベンキョ不足で、こちらの意図も理解していない様子。
結局、リスクを承知で協定書にサインするか、もうめんどうくさくなって裁判して解決するか、選択することになりますが、こんなのでいいのでしょうか?この保険会社のていたく。
交渉にあたる弁護士としてこの場言わせてください、責任者出てこい!!

人生幸朗さんを知らない?!!

世の中、不合理なことだらけです。茨木太陽は、そんな所を照らし出し、世に訴えたいと思います。ぼやき漫才 人生幸朗さんが如く、茨木太陽がぼやきます。「ばか者!!責任者出てこい!!」
えっ!!人生幸朗(じんせい こうろう)さんをご存じない…。昭和漫才の大御所です。是非、YouTubeで検索ください。知らなきゃ損。
さて、本日は…

人生幸朗さんを知らない?!!

みなさん、聞いてください。当事務所HPにこの「ぼやき漫談」コーナーができて、数日が経ちました。すると、驚いたことがあります。なんと、30代以下の人、全く、人生幸朗さんを知らないのです。
昭和漫才の大御所ですよ。歌謡曲や世相などにとんちんかんな難癖をつけ、「ばか者!」「責任者出てこい!」の決めゼリフ。たまりません。
このコーナーを作るにあたって、事務員さん達に、You Tube で昔の漫才を見せました。皆、「知らなーい」 でも、そうは言っても、動画見ているうちにクスクスと笑いが出てきています。ああ、やっぱり、世代を超えた笑いを幸朗先生は、もたらせてくれます。幸朗先生は偉大です。
事務員さん達に、感想を聞いてみました。「ぼやいている歌自体知らなーい。言っている意味わからなーい」って。えっ!? じゃあ、なんで、皆笑っていたの?「ボス(私)のヒーヒー笑っている姿が一番面白い!」
「こりゃ! どこ見とんじゃ。ばか者!!」 芸とは到底言えないコントや雑談みたいなお笑いに慣れた若者よ。伝統的な漫才をもっと学びなさい。私は、心から叫びます「責任者、出てこい!!」(当事務所の責任者は、私ですが…)

弁護士費用特約 頑張ったら減額

世の中、不合理なことだらけです。茨木太陽は、そんな所を照らし出し、世に訴えたいと思います。ぼやき漫才 人生幸朗さんが如く、茨木太陽がぼやきます。「ばか者!!責任者出てこい!!」
えっ!!人生幸朗(じんせい こうろう)さんをご存じない…。昭和漫才の大御所です。是非、YouTubeで検索ください。知らなきゃ損。
さて、本日は…

弁護士費用特約 頑張ったら減額

皆さん聞いてください。自動車保険の弁護士費用特約というのはご存知の事だと思います。事故の被害者の弁護士費用をまかなってくれるという大変有意義な保険です。
この保険の件で某保険会社からびっくりする事を言われました。40代男性 鎖骨骨折後、肩が90度も上がらなくなったのに自賠責保険では、鎖骨の変形障害のみ認められ、動かないという機能障害は否定され、当事務所に相談に来られました。

見れば、色々な点で落ち度だらけ… 自賠責で認定が下りないことも頷けます。しかし、目の前に困っている人の為、最大限の努力をしなければなりません。早速、異議申し立ての準備です。
主治医への面談は不可欠です。主治医への面談には面談費用が発生します。この費用は、通常、実費費用として、弁護士費用特約から支払ってくれるのですが、某保険会社さん曰く、「支払います。但し、弁護士さんへの支給金から差し引きます」とのこと。えっと耳を疑いました。
元々、保険会社さん任せにしていて、取れるべき後遺障害認定が下りなかった案件を、リカバーしようとする活動の中で、医師との面談は必須です。「行くのはいいけど、その費用は、弁護士さん負担ね」という意味と一緒です。元々、自賠責意義の申立費用わずか3万円しか認めてくれず、そのわずかな金額に対して差し引いてくるとは、どういうことなのでしょう。

この案件は、場合によれば、何回も面談が必要かもしれません。再検査も必要なこともあるでしょう。もしかしたらその費用も持ってくれないの?頑張れば頑張るほど減らされるってどうよ。弁護士特約については、無茶苦茶な請求をしてくる事務所が多々あり(多くは過払いで、無茶してきた皆さんが知るようなところが多い)、保険会社の審査も厳しくせざるを得ない事情はわかります。でも、何もしない方がいいという支払い体系っておかしいでしょう。私は、叫びます。
「責任者出てこい!」

「このマンションを購入希望の方がいます」とのチラシ

世の中、不合理なことだらけです。茨木太陽は、そんな所を照らし出し、世に訴えたいと思います。ぼやき漫才 人生幸朗さんが如く、茨木太陽がぼやきます。「ばか者!!責任者出てこい!!」
えっ!!人生幸朗(じんせい こうろう)さんをご存じない…。昭和漫才の大御所です。是非、YouTubeで検索ください。知らなきゃ損。
さて、本日は…

「このマンションを購入希望の方がいます」とのチラシ

皆さん、聞いてください。よく、お家のポストに、不動産業者のチラシが入っていますね。
普通に、物件を紹介するチラシならば、邪魔だなあとおもいつつも、特に、何も感じないのですが、「このマンションご希望の方がいます」「この〇〇地区限定で購入検討されている方がいます」というチラシには、憤りを感じます。

この手のチラシのほとんどが大ウソです。不動産会社は、売り主を確保すれば、確実に利益を出すことができます。
不動産は、値段を下げることでいつかは買主が現れるからです。一度、売り主と専任仲介契約を結ぶとなかなか別の不動産業者に乗りかえられるということはありません。
ちょっと、日当たりが…、景気が…とか言って、徐々に値段を下げて言って、結局、成約となり、仲介手数料を確保することができます。

まあ、この手のチラシは、昔からあるものです。昔は、よく電柱なんかに信じられない値段の賃貸物件の案内が貼られていて、電話すると、お店に誘導され、「残念です。昨日、借り手が出てしまいました。でも、お客様のご要望に沿う別の物件があります」っていうのが悪質不動産屋の手口でしたね。

仮に、チラシのとおり、マンション購入希望の方が本当にいたとしても、私は、その業者に依頼することをお勧めしません。
なぜなら、その不動産業者は、成約により、両者から仲介手数料を得ることができるわけです。
不動産業者は、成約に導きたい一心です。そんな業者が、売り主の利益になることをするはずがありません。買主は、なかなか購入しようとしないのが普通です。逃げられたら終わり。業者は、売り主を言葉巧みにディスカウントに誘導します。

私事の話で申し訳ないのですが、某地方公務員をしている愚弟の家の売却の時、不動産仲介業者は、隣の方を買い手に見つけてきたようです。不動産仲介の基本は、先ずは、お隣さんへの営業。真面目一本の愚弟は、業者の言葉を信じ、家のディスカウントを呑んで、売却しようとしました。ところが、土地については、母親の名義が残っていました。私が、この話を聞き、弟に、「おかんのせいしにして、お前、業者との交渉から降りろ」とアドバイス。真面目な弟には、交渉は無理です。母親に、ギャーギャー言って値引きしないと言い張れ!!とアドバイス。母親は、こういうのに長けています。不動産業者は、社長まで出てきて母親を説得したようですが、無駄でした。結局、買主を説得して、希望価格での成約に結びつけたようです。

私の事務所にも、ローンが苦しく、不動産売却を余儀なくされる方が多く来られます。真面目な消費者のみなさまは、結構このチラシに騙されているのです。こんな商売方法私は許せません。私は、叫びたい。「責任者出てこい!」

某A法律事務所 タクシー共済相手お断り

世の中、不合理なことだらけです。茨木太陽は、そんな所を照らし出し、世に訴えたいと思います。ぼやき漫才 人生幸朗さんが如く、茨木太陽がぼやきます。「ばか者!!責任者出てこい!!」
えっ!!人生幸朗(じんせい こうろう)さんをご存じない…。昭和漫才の大御所です。是非、YouTubeで検索ください。知らなきゃ損。
さて、本日は…

某A法律事務所 タクシー共済相手お断り

皆さん、聞いてください。先日、ある交通事故の相談を受けました。
30代女性。バイク走行中、前方のタクシーが急転回し、衝突し、大怪我を負ったという事案です。

タクシーに大きく非がある案件なのに、事故係の人から「自賠責の範囲でしか対応しませんので、費用節約の為に、健康保険使ってください」と言われて、今後のことが不安になり、テレビで盛んにCMで宣伝している某A法律事務所に電話をかけたそうです。事情を説明したところ、電話口の女性事務員さんから「当事務所では、タクシー共済相手の事故は扱っていません」と断られたそうです。

確かに、タクシー会社相手の事案は、かなり面倒で、手がかかる事案が多いのは事実。保険会社なら自社の評判にもかかわるので、親切とまではいわないでも、あまり、無茶なことは言ってきません。
しかし、タクシー会社は、賠償を減らすことが経営上の命題ですので、牛歩戦術が如く、なかなな交渉に応じてきません(この事は、またの機会に、じっくりぼやきます)。

某A事務所は、マーケティングを重視する経営方針の様です。事件処理をできるだけマニュアル化していこうとしている様です。複雑な案件は、マニュアルで対応できず、依頼者とトラブルになるので、最初から、受任対象から外すということなんでしょうね。

果たして、それで「専門」と評しえるのでしょうか。楽な案件だけ受任する姿勢には疑問を感じます。難しい事案を処理してこそ、弁護士の専門家としての力量を発揮できるのではないでしょうか。

まっ、「事件を選んで何が悪い。あなたも事件断ったことがあるはず」と言われてしまえば、それまでなのですが、敢えて、私は、叫びたい。「責任者出てこい!」