40代 男性 会社員
事故態様:車がセンターラインをオーバーし、対向車線を走行中のバイクと接触した事故。

 大きく転倒したが、幸い骨折は無かったものの、膝を強打し、痛みを訴えました。事故直後、相手に点数が無いからと、懇願されました。事故現場が、ツーリング中の事故と遠方の為、実況見分の為に事故現場に行く事は、現実無理と考え、本人もこれを了承して物損として届けました。
半年の治療を経るも痛みが残る状況で、後遺障害申請しました。物損事故になっている場合、後遺障害認定難しいのが現実なのですが、丁寧に事情(受傷部位のMRI画像の状況、事故態様)をアピールし、14級9号の認定を受けることができました。
その後、早期の裁判基準での解決に依頼者は、満足頂けた様です。