40代 パート
事故態様:自転車VS自動車。路外に出ようとする車と自転車の衝突。

 事故自体は、極めて軽微である(軽い尻餅)が、症状が重く、後遺障害非該当とのことで来訪。
既存障害がある場合、後遺障害を獲得するためには、更なる高い等級となるような大きな障害が発生しないと、新たな後遺障害認定を受けることができないシステムであることを説明。
事故が軽微で、通院回数も極めて少なく(投薬治療)、訴訟での認定も難しい状況であった。
訴訟は希望されず、示談を進める。
受傷機転軽微で、極めて少ない通院回数であり、交渉に困難を有したが、通常の治療回数程度の通院慰謝料を獲得して解決。