50代・女性・家事従事者
事故態様:原付自転車VS貨物自動車
受傷部位:腰椎圧迫骨折

 腰椎圧迫骨折により、11級7号(脊柱の変形障害)が認められた方からの相談でした。
後遺障害等級の妥当性についての相談だったので、脊柱の変形障害に関する後遺障害等級について説明したところ、等級について理解できたと仰っていただき、11級7号の認定について納得されました。
ただ、相談中も、腰痛が辛く、立ったり、座ったりされており、家事にも支障がある状態でした。このような状態であるにもかかわらず、相手方保険会社からの提示額は低く、そのことをお伝えしたところ、弊所にご依頼がありました。
交渉の結果、1000万円以上UPした適正な金額での示談が成立しました。