弁護士基準での慰謝料交渉

20代・男性・アルバイト(城陽市)
事故態様:追突事故

ご依頼いただいた段階で通院治療が整骨院の割合が多く、後遺障害は非該当となりました。
もっとも、示談交渉において、通院慰謝料はいわゆる「弁護士基準」満額での認定となり、円満かつ早期解決となりました。

14級9号が認定され、早期解決したケース

40代・男性・会社員(大津市)
受傷部位:頚椎捻挫
獲得等級:14級9号
事故態様:バイクで直進中に左折巻込みに遭った

比較的事故から間もない時期での相談だったこともあり、通院治療におけるポイントなどを十分に説明させていただき、半年の通院治療後、被害者請求の結果、14級9号が認定されました。
示談交渉においても通院慰謝料や後遺障害逸失利益は提示額満額の回答を引き出すことができ、等級認定から1か月かからない早期の解決で、かつ、適正な賠償金を得ることができました。

異議申立ての結果、14級9号が認定されたケース

40代・男性・会社員(栗東市)
受傷部位:頚椎捻挫、腰椎捻挫
獲得等級:14級9号

自動車で県道を走行中、道路沿いの施設の駐車場から急発進してきた自動車に接触されたという事故。
被害者請求の結果は非該当だったものの、通院先医療機関より新たに神経症状の推移に関する書類を取得、異議申立てを行った結果、14級9号が認定されました。
その後の保険会社との示談交渉では過失割合が大きな争点となりましたが、実況見分調書を精査し、粘り強く交渉を重ねた結果、過失割合につき有利な内容にて示談にいたりました。

慰謝料の交渉

40代・男性・会社役員(大津市)
事故態様:赤信号停止中の追突事故

設立間もない会社の役員であり、収入に関する資料が十分に揃わないと判断し、方針を慰謝料を確保することにシフトして粘り強く交渉した結果、
こちらの請求金額とほぼ同額の慰謝料の支払いを引き出すことができました。

資料に乏しい自営業の休業損害

40代男性
受傷部位:頚椎捻挫・腰椎捻挫等
事故態様:バイク対自動車

直線道路を進行中、進路変更禁止エリアで加害車両が突然進路変更してきて衝突して受傷。頚椎捻挫・腰椎捻挫等と診断されました。
怪我は幸い軽微だったため、相手方からは早期治療打ち切りを言われましたが、痛みが残存していることや治療の途中であったことなどを伝えて治療期間の延期を認めてもらうことができました。
被害者は自営業で確定申告はしているが内容が不十分なものでとても立証に耐えられるものではありませんでした。そこで、照準を自賠責基準に定めて、治療期間中の出勤簿等(これも若干争いがありましたが)をもとに休業日数を立証し、円満和解となりました。

未成年による自転車事故

60代女性
受傷部位:腰椎圧迫骨折
事故態様:自転車対自転車

信号機のない丁字路交差点で、被害者が直進、相手自転車が交差点を曲がろうとしていたため、停止して待っていたところ、両自転車の前輪が接触し転倒。腰椎圧迫骨折と診断されました。
加害者は14歳未満の刑事未成年で、加害車両親も「ウチの子悪くない」という態度で事故性を当初から否認。途中から保険対応も打ち切る。刑事記録も入手出来ない等問題が山積でした。
幸い、被害者は自分の傷害保険の適用があったため、傷害保険を通じて後遺障害認定を受け、これをもとに相手方と直接交渉のうえ、相手の保険対応も復活し、最終的には双方納得のいく円満解決しました。

後遺障害の等級に該当しない醜状痕の慰謝料

10代 女性 アルバイト(山科区)

事故態様:バイクで交差点を走行中、左方道路から右折進入してきた自動車と衝突した事故。
受傷部位:醜状痕

お顔に赤みを伴う傷跡が残ってしまいましたが、事前認定の結果、瘢痕の大きさが基準を満たさず、非該当と判断された方より、賠償交渉のご依頼でした。
被害者の年齢、未婚女性であることや接客業に従事していることをアピールし、裁判例も踏まえて慰謝料の増額を主張しました。
その結果、相手方保険会社より事前に提示されていた慰謝料30万円の倍以上の70万円で示談とすることができました。

家族経営の逸失利益

60代 男性
事故態様:自動車同士による追突
受傷部位:頚椎捻挫、腰部打撲
獲得等級:併合14級

依頼者は家族が経営する会社で店長として、勤務していました。事故はその会社の新店舗を開店する準備中に起こりました。家族経営のうえ、開店準備中のため、収入の証明が困難な案件でした。
そのため、逸失利益等が争点となりましたが、適正な金額で示談することができました。

有期雇用の逸失利益

50代 男性 契約社員
事故態様:バイクで道路左端を走行中、対向車線の渋滞車両の間を右折してきた自動車に衝突された事故
受傷部位:右下腿両骨骨折
獲得等級:12級7号

被害者請求をしたところ、右下腿両骨骨折の右足関節の機能障害につき12級7号が認定されました。
最終の賠償金については、後遺障害逸失利益の点で有期雇用であったため労働能力喪失期間で争いがありましたが、一般企業で定年とされている年齢を引き合いに出すなど粘り強く交渉しました。また過失割合でも争いがありましたが、刑事記録を精査して交渉を続け、その結果、当初の相手方保険会社の提示額より700万円以上の増額となり、お喜びいただくことができました。

異議申立により14級9号認定、争点となった施術費につき有利な和解を得たケース

30代 男性 会社員
事故態様:自転車で丁字路交差点突き当たり路を青信号で横断中、対向車線から右折してきたタクシーに衝突された事故
受傷部位:頚椎・左肩
獲得等級:14級9号

被害者請求をしたところ非該当になりましたが、異議申立にて頚部・左肩の画像鑑定結果を新たに提出、事故態様と症状の関係の説明等を丹念に行った結果、14級9号が認定されました。
相手タクシー会社の対応が極めて遅く、訴訟提起。相手タクシー会社は治療期間・整骨院での施術費・後遺障害逸失利益等の点で激しく争ってきましたが、整骨院の施術費を全く認めない被告側の主張に対し、大部分を本件事故による損害と認めるなど、こちらに有利な内容で裁判上の和解が成立しました。

自転車事故と弁護士費用特約

60代女性
事故態様:自転車対自転車
受傷部位:腰椎圧迫骨折

被害者が自転車で青信号交差点を横断したところ、被害者の左側から赤信号無視で進行してきた相手自転車に衝突して受傷し、腰椎圧迫骨折等と診断されました。
治療期間も2年と通常よりもはるかに長かったため、相手に弁護士が付き、弊所へ相談に来ました。
相手との交渉では、治療期間も長いので早期解決が肝要であることを相互に確認した結果、適正な金額で被害者も満足のいく示談が成立しました。
本件の問題点は別にあって、それは弁護士費用特約を使えるか使えないかという点でした。被害者は自動車保険の弁護士費用特約に加入していて、保険会社も使えるとの認識だったのですが、本件は自転車同士だったので、再度、弊所から保険会社に確認すると約款上使用不可でした。
一見すると保険が使えるようで実は使えなかったというやや珍しいケースでしたが、最終的には相手からたくさん示談金をいただけたこともあり、依頼者も納得のいく解決となりました。

12級相当から8級相当へ

40代 会社員
事故態様:停止していた普通貨物車が突然発進し、原付自転車を運転していた依頼者に衝突した
受傷部位:胸椎圧迫骨折

依頼者は、胸椎圧迫骨折にて併合8級という等級を獲得しました。しかしながら、相手は依頼者の症状は軽く、12級相当と判断し、賠償額をかなり低く提示してきました。
しかしながら、当職は依頼者が本来貰える金額を主張。しかし、相手が全く主張を代えないため、紛争処理センターへ申立。粘り強く主張し、結果、相手方主張の倍以上の金額を獲得した。

自転車同士の高齢事故

70代女性

事故態様:自転車対自転車

受傷部位:大腿骨骨折(人工骨)
被害者は自転車で直進中、相手方が背後から追い抜くように前方に進み出てきて衝突して受傷、大腿骨骨折と診断され人工骨手術を受けました。自転車事故なので自賠責が使えず、相手方の保険会社より10級11号と認定されましたが、提示額に納得がいかず弊所に相談に来ました。
当初提示額は確かに低いものでしたが、人身届けをしていなかったため過失割合や逸失利益等立証のハードルが高いものでした。
こちらの見解を示しても、相手も立証の点を持ち出して交渉は難航しました。そこで、立証の面で弱いところがあることを相手と認識を共有した上で、総額ベースで相互に譲歩しようと提案したところ相手もこれに前向きな返事でした。
結果的に一歩引いた交渉がうまくいき、当初提示額の3倍ほど増額された金額で円満和解となりました。

医者には苦労しました

50代女性、20代女性 親子
事故態様:追突事故

事故の程度は大きく、両名の不調の程度もひどい状況。今の実務では、MRIは必須。本人が、医師に、MRIをお願いしたところ、「必要無い!ごちゃごちゃ言うのなら来なくていい」と言われたとのこと。病院のHPでは、地域の病院として明るく親切とのアピールしているが、典型の老人相手の整骨院型整形外科。このタイプの医師は、診断書きっちり書いてくれないことが多い。病院を変えることをアドバイス。自宅近くの病院から仕事場近くの病院へ変更。この病院は、MRI撮影先を紹介してくれて、MRIを撮影できた。見れば、母親の方には、大きなヘルニアがある。娘も年齢にしては大きめのヘルニアがある。
ところが、症状固定の段階になって、後遺症診断書の記載は、ほとんどなく、「筋肉痛」とあるのみ。神経学的な意味での「筋肉痛」という趣旨であろうが、もう少し、神経学的な意味での筋肉痛であるようわかるように追記記載をお願いしたところ、ずっとこれでいままで来た。加筆の必要性はない。の一点張り。年配頑固医師を相手に何を言ってもだめ。治療の過程を詳しく示す資料を添付しての後遺障害申請を行ったところ、母親の後遺障害はなんとか認められた。
 マッサージだけで済む患者はありがたいが、書類作成がある交通事故患者を、面倒がる医師は多い。自由診療で通常の2倍のお金を取っているのですから、もう少し、患者に向き合って欲しい。毎度ながら志の低い医師には悩まされます。

法律事務所も医師も…

40代男性 飲食店経営
獲得等級:14級9号

元々某有名な法律事務所に依頼していたが、症状固定時期なのに、同事務所の業務停止処置により、動いてもらうことができず、当事務所に依頼があった件。さあ、後遺障害申請の準備にとりかかろうとしたところ、某有名法律事務所の業務停止に伴うゴタゴタの間に主治医が突然の廃業。病院があった場所に行ってみると整形外科ではない違う病院が開業となっている。後遺障害診断書誰に書いてもらうのだ!!依頼者さんには、全く責任がない所でトラブル発生。不運の連続。幸い、新病院で元の病院事務の方が一人おられたので、なんとか医師に連絡をとってもらい、後遺障害診断書を作成頂くことをお願いした。
軽微な事故で、後遺障害等級認定危ぶまれたが、ポイントをアピールしての14級9号獲得。自営業者で有り、毎度の事ながら、確定申告低く 休業損害、逸失利益で交渉が難航。しかし、最終的には、満足の行くラインでの決着をみた。

相手が無保険かつ行方不明

30代男性 会社員
事故態様:相手車両が急に車線変更し、急制動をかけたバイクが転倒した事案。

事故数日後、相手が行方不明になり、警察も諦めてしまっており、治療費も含めて、御自身で自賠責保険請求しただけで終わっていた案件。別件の事故の相談の時、「実は、過去、こんなことがありまして…」との雑談の中で、出てきた話。
車の所有者が別にいることが判明。弁護士費用保険特約加入していたので、車の所有者に対して、請求の通知を出すも、返事も来ない状況なので、やむなく提訴。無保険かと思っていると、実は、保険加入していたようで、提起後、保険会社の代理人が付き、トントン拍子に解決。ブラックな雰囲気が窺える会社で、雇用者の事故を保険使わず、全て本人に押しつけていた会社だった様子。おそらく、自車の修理代も、事故を起こした従業員に請求していたのでしょう。そりゃ、夜逃げしたくもなりますよね。

見落とされた指の可動域制限

70代女性 パート
事故態様:原付バイクと車の衝突事故。
受傷部位:腱板断裂
獲得等級:10級

肩が90度以上上がらないことを強く主訴。手から落ちて、肩に強い衝撃を受けたことが推測できるが、腱板損傷がはっきりしない案件。話をよく聞いていると親指の動きがかなり制限されているとのこと。肩の方が生活に困り指の事はあまり医師にも訴えておらず、リハビリもなおざりにされていた。指の骨折ははっきりしており、指のリハビリ治療もきっちり受けるよう指導した。肩の可動域については、苦労した。結局、肩では、目標の10級に到達しなかった。ところが、14級を覚悟していた指で10級を獲得することができた。結果としては目標達成。肩について、12級以上を獲得し、併合9級を目指すべく、異議を検討し、カルテやリハビリ記録を全て入手したところ、カルテ上「測定をする際、世間話をしながらでは、可動域制限あまりないが、測定器具をあてると、可動域制限ある。心因性?」との記載あり。この老人の可動域制限が本当にあるのかどうか、正直、確信を持てない。心因性の機能障害?アルプスの少女ハイジのクララみたいなものか?極めて無口なおばあさんで、はっきりと物を言ってくれない。裁判での等級UPは、難しい状況。結果的に指で10級取れており、年齢的なこともあり、1級UPの為、時間と労力を使いたくないとの本人の希望で、10級で示談を進めた。肩の制限も考慮に入れた柔軟な対応を相手に求めて交渉を続けていた結果。自賠責保険金と含め総額1300万円での示談。本件は、もし、当事務所に依頼なく本人で進めていたら、14級どまりが予想される案件なので、その場合、年齢も考えれば、100~200万の示談金に終わった可能性が高い。後遺障害に力を入れる当事務所の力が発揮できた案件で、ご本人、ご家族、とても喜んで頂けました。

子供と一時的に別居時の家事労働が認められた案件

40代女性 失業中
受傷部位:大腿骨偽関節
獲得等級:併合7級

軽度の知的障害を有する子供を抱え、職を求めて大阪に出てきた女性。生活が落ち着き、2人で住める家を確保できるまで、前夫の家に、子供を預かってもらう。その間の事故。大腿骨偽関節と評価できるか微妙な案件で、当職が受任時、偽関節とは認められず、他の障害との併合8級と判断されていました。異議申し立てでは、症状固定から数ヶ月経った画像でも、偽関節が認められることを医師の意見書を提出したりして立証に努めたところ、これが認められ、偽関節での8級、他の障害との併合7級の認定を受けることができました。このクラスの障害では、1級上がるかどうかで大きな金額の差があります。知的障害を抱えるお子さんを抱え、将来に不安を残すお母さんに少しでも力になれるよう後遺障害等級UPにかなりの労力を費やしました。
 後遺障害獲得後も賠償額を巡っては、大きく、揉めました。相手は、失業中の一人暮らしの女性であるとして、休業損害、逸失利益にしても、大阪に来る前の田舎の僅かなパート収入を基礎に計算した逸失利益を主張してきます。こちらは、主婦であり、家事労働性を主張。結局裁判となりました。軽度といえども知的障害を抱えた子供の世話を家は別にしつつも、毎日、どれだけ手を尽くして育てていたかを熱く裁判官に訴え、立証の限りを尽くしました。最終的に裁判官から出された和解案は、こちらの主張に沿ったものであり、無事、和解成立。弁護士としては、満足のいく内容の賠償金額となり、依頼者にも大変感謝して頂きました。 しかし、大きな障害を抱え、仕事の復帰が難しく、他に頼る人がいないシングルマザーは、たとえ多額の賠償金を得ても、お金はいずれ生活費になくなってしまうものです。将来の不安は尽きません。現在、新たに障害年金の手続きでも、難航しているとの相談を受け、役所との交渉を進めています。

変形道路での追い越し事故

30代 男性
事故態様:子供を後ろに乗せて、バイクで川の土手道路を走行中、前方走行車両が、川の土手の広場のようなところに停車。それを見て、土手道路を直進中、前方車が突然右折してきて、車の右側面バイクが衝突

受傷部位:バイク運転者、大腿骨に偽関節
獲得等級:併合8級

過失割合が大きな争点となり、裁判となった。実況見分調書が、警察の誘導で、相手の言い分に近い、不利に作成されていた。しかし、その形態での追い越しは、考えられない。右折前に右に寄ったのではなく、狭い橋を渡るため、左の広場に出て、大回りで橋を渡ろうとしたと考えた。何度も現場に通って、車の運行状況を観察。こちらの言い分の形で右折をする車が多数見られた。実況見分調書の物理的不合理性も主張立証し、これに対し、保険会社側も各種実験をして、反論。裁判は、2年にも及ぶ長丁場の激しい論争の末、こちらの言い分をかなり考慮してくれた形で、裁判所から和解案が出され、解決。
 警察の実況見分調書を崩すのは、並大抵で無い努力を要することを改めて感じた案件であった。

不全麻痺既存障害がある人のむち打ち

50代 学校職員
 
脳梗塞による左半身不全麻痺の既存障害がある方。追突事故により首のだるさ、下肢のしびれを訴える。事故の程度としては比較的軽く、当初物損として処理されていた。整形外科とは別に自費で整骨院への通院もしていた。症状固定も4か月でされ、後遺障害申請したが非該当の事案。
 既存障害と事故の障害との区別、因果関係が難しい事案でした。症状固定後の通院状況や、新しい病院での診断書を提出するなどして、事故による障害と既存障害の区別の立証に努める。異議で後遺障害認定。素因減額なく示談成立しました。難しい事案でした。

回答全く、くれない保険会社

40代 自営 
受傷部位等:鎖骨粉砕骨折
獲得等級 :機能障害12級6号

遠路熊本からのご依頼。鎖骨の粉砕で、肩の可動域制限が現れたもの、鎖骨の外部に現れる程の変形無し。
鎖骨骨折からの可動域制限については、自賠責の認定は厳しいものがあります。肩に可動域制限が現れる器質的根拠を示さなくてはなりません。肩関節に近い部分に転位(骨のずれ)があることを、指摘し、これが原因で関節部に炎症が発生していることをアピール。神経症状14級9号で止まる可能性もあった事案でしたが、一番、賠償額が増える可動域制限での等級認定(12級6号)。苦労した甲斐がありました。ドクターの診断書、可動域の測定無茶苦茶で、そのまま出していたら、とんでもないことになっていました。
 ここまででも、かなり苦労した案件であったのに、ここからの保険会社の対応困りました。
 賠償額の提示をしても、なかなか返事をくれないのです。確かに、自営業者で、事業を始めたばかりの事故で、事故後、収益がかなり出ている案件という問題はありましたが、それにしても回答が遅すぎます。一月経っても回答が無いので、催促すると「もうすぐ出せます」。しかし、全然出てこない。一月後、催促の電話すると、どうでもいい内容の質問をしてきたのですが、それに対しても丁寧に回答しました。それ以降、催促の電話入れても、今度は、ずっと不在の対応(催促の伝言は伝える)。こちらの提示から3か月経過しても、回答が無く、熊本での裁判も覚悟しました。熊本での裁判は、弁護士費用特約未加入だったので、正直避けたいところ。逆に電話攻撃を仕掛けました。「不在、いつ戻る?」「なんで、電話くれなかったの?」「あと、少しっていつ」「来週中…、ダメ、3日以内にして、十分時間あったでしょ」「3日経ったよ。どうなっているの?」
 担当者、最終的に当事務所の提案金額、ほぼ、丸呑みしてくれました。地方の保険担当者のんびりというかアバウトだなあと思いました。

ダメ元での12級

30代男性
事故態様:バイク対車の右直事故
受傷部位:踵骨骨折
獲得等級:12級

被害者はバイクで交差点を直進していたところ、対向車線を右折してきた相手車と衝突した右直事故で受傷、踵骨骨折と診断され、症状固定前に弊所に相談されました。
本人の自覚症状では、痛みが残っていてバランスがとれないということでしたが、顧問医に画像をみてもらったもののコレという所見は見当たらない状況でした。他方、足にはボルトが残っている状態だったので、その点を強調して12級つくかわからないがダメ元で被害者請求をしました。
結果、12級が認定され、本人にとっても朗報となり、その後の示談交渉も相手と密に連絡を取り合っていたことが功を奏したのかほとんど言い値の金額で示談することができました。

就労間もない休業損害

40代女性

被害者は、正社員で働くほか、アルバイトもしていました。しかし、アルバイトに関しては、就労し始めてから間もない時期に交通事故に遭ったため、相手方共済は、アルバイトに関する休業損害を認めようとしませんでした。そこで、紛争処理センターに申し立てたのですが、そこでも、アルバイトの休業損害を認めようとしませんでした。被害者の方はもちろん、当職も納得ができなかったので、訴訟提起をして、労働条件・労働実績・アルバイトをしていた理由等を主張したところ、裁判官から、アルバイトの休業損害も認める前提での和解案が提示され、適正な賠償額での和解が成立しました。

MRI撮影でトラブル

30代 主婦
事故態様:追突事故

追突直後から体の不調を訴えていた主婦。追突としては、そんなに大きな事故とはいえません。でも、不定愁訴がある以上、その原因を探ることは必要です。MRIの撮影を某所の田舎のDRに相談したところ、「知らん」とつれない返事。理学療法士任せで、全く、診察もしてくれないとのこと。そのようなご老人相手の整骨院もどきの病院にはさっさと見切りをつけて、転院を勧めました。すると、保険会社さんもMRI撮影したことで、弁護士対応してきました。MRIの結果は、大きなヘルニアがありました。事故が原因のヘルニアではありませんが、現在の症状発生との因果関係を証明し、14級9号を獲得できました。
 後遺障害獲得後は、相手方大きく争うことなく、若干通常より多めの賠償額を得ることができました。

同僚が運転者

40代 男性
事故態様:右折車両対直進車 
受傷部位:頸椎捻挫
獲得等級:14級9号

車で名古屋に出張中、相手年配者運転の右折自動車こちら直進自動車の事故です。私の依頼者は、助手席で居眠りしていた方で、寝ているところに、大きな衝撃で首に大きなダメージを受けた案件です。当職の指導の下、通院され、認定には微妙なところでしたが、最終的には、14級9号の認定を受けることができました。
 問題は、ここからなんです。事故時の信号について、相手が、こちらが赤であることを譲らないのです。残念ながら、ドライブレコーダーも無く、状況からすると青・青事案で、相手の過失が大きく認められる案件です。ですが、相手は、こちらが悪いと言って、全くの対応をしてきません。
 当方は、同乗者ですので、今回の事故は、同僚運転者と相手年配者との共同不法行為によるものですので、本来、当方依頼者との関係では、過失は問題になりません。ですが、相手は、過失問題が決着していない限り対応しないとの一点張り。仕方なく、治療については、人身傷害保険特約で対応し、後遺障害獲得後、人身傷害特約での支払いを受けました。後遺障害認定後も、過失割合での動きはなく、相変わらず対応してもえず、相手に頼まれて、共同不法行為者両名の自賠責保険請求手続きを取りました。自賠責ダブルでの賠償があるので、残請求は、ほとんど無い位まで下がりました。この僅かな金額でも相手は、対応してこないのです。裁判でもしてくださいとの雰囲気です。私は首をかしげました。両共同不法行為者の任意保険は、同じ保険会社です。過失割合がどうであろうと払う保険会社は同じです。しかも、裁判しても、過失割合は、請求者に関係ないので、判断の対象になりません。私は、言いました「当方、弁護士特約あり、裁判してくださいというのならしますが、この僅かな請求で、そちらどれだけ弁護士費用のコスト使うのですか?相手の費用も、こちらの費用も結局貴社が持つのですよ。本当にいいのですね」念を押したところ、最終的に、相手本人の説得に成功したとのことで、訴訟に至ること無く示談がまとまりました。
 本件は、当事務所の注いだエネルギーにより、後遺障害獲得、かつ、完全賠償に成功した案件でした。

目撃者のいない物損事故

40代女性
事故態様:丁字路右折中に直進車両と衝突(物損)

渋滞中の信号機のない丁字路交差点を右折しようと交差点へ進入して、安全確認のため交差点内で停止中に直進車両がクリープ現象で進行してきて衝突した案件です。
目撃情報もなく、物損事故のため刑事記録もなく、有力な証拠がない中で提訴となりました。
一般的には、丁字路右折した当方の過失が大きい傾向にありますが、本件は、

  1. 渋滞で交差点内が空いていたこと
  2. 交差点内で右折の機会を待って停止中に
  3. 相手車両がクリープ現象で進んできたという立証がポイントでした。

そこで、傷の状態から当方停止中だったことや尋問等で相手がなぜクリープ現象で進んでしまったのかを丁寧に聞いたところ、裁判所も当方の言い分に納得してくれ、当方過失が大幅減少され、ほぼ満額回答で解決しました。

治療費の保険対応打ち切り後も通院した結果14級9号が認定された事例

40代女性
事故態様:追突事故
受傷部位:頚椎捻挫

被害者は、事故後5か月程度でまだ痛みが残っているにもかかわらず、保険会社から治療打ち切りを通告されました。弊所のアドバイスにより、打ち切り後も1か月ほど自費で通院し、被害者請求をしたところ、頚椎捻挫の症状に関して14級9号が認定されました。その結果、妥当な金額で示談をすることができました。

鎖骨変形と逸失利益(2)

40代男性
事故態様:タクシー乗車中の事故
受傷部位:肩鎖関節脱臼 

タクシー乗車中に衝突事故に遭い、肩鎖関節脱臼等と診断されました。受傷直後から弊所にご依頼いただき、スムーズに鎖骨の変形で12級5号が認定されました。収入の減少がないことから、逸失利益の金額が問題となりましたが、鎖骨の痛みが業務に支障を与えていることを具体的に説明した結果、最終的には妥当な金額で示談することができました。

内臓損傷と逸失利益

30代男性
事故態様:路外施設へ進出中、対向直線進行してきた車両と衝突
受傷部位:脾臓損傷等
獲得等級:併合13級

被害者は、路外へ右折しようとしたところ、対向車線を直進してきた車両に接触し受傷。その後、内蔵等を損傷したため、入院手術となりました。
内臓のほか、手も骨折していたため、被害者請求をして13級11号と14級9号の併合13級と認定されました。
本件の大きな争点は労働能力喪失率でした。今回被害者が受傷した脾臓は、これが損傷しても直ちに身体に影響はないと言われているため、極論、脾臓がなくなっても仕事への支障はないこととなり、保険会社はこの点を強く主張してきました。
そこで、脾臓の一般的な働き(免疫の低下等)と被害者の自覚症状の関連性を立証し、最終的には妥当な金額で和解することができました。

未成年との自転車事故

60代女性
事故態様:横断歩道横断中、道路脇から進行してきた自転車との事故
受傷部位:右足首骨折等
獲得等級:12級
 
被害者が横断歩道横断中、車道の脇から出てきた相手と接触した自転車事故。その後入院・手術を経て、症状固定前に弊所に依頼されました。
受傷した足首に可動域制限がありましたが、後遺障害の基準値に微妙に足りず、後遺障害の見込みは薄かったのですが、被害者の自覚症状を具体的に列挙して、これと整合する治療状況を指摘したところ、相手から12級と認定されました。
今回は自転車事故だったため、自賠責の後遺障害認定が使えず、可動域も基準値に足りなかったため、非該当も覚悟していましたが、12級が付いたことで当初の予想を超える金額での和解となりました。